人に好かれたい!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

好きだからこそ・・・

タイトルがビックリですかね?
今回はタイトルの通り「人に好かれる人」についてご説明していきます。
僕は人が好きです。
助けてくれる人たちに囲まれながら生きてきたと、
助けてもらえなかったら、どこで倒れていたか分かりません。
だからこそ、周りの人達だけにでも恩返ししていきたい!と思っています。

「僕は人を嫌いにならない!」

大声で叫べるほど、人が大好きです。
ですが、人に好かれているかは分かりません。
そこで、今回は人に好かれている人を調べてみました。

スポンサーリンク

好かれる秘訣

みなさんの周りにも、
「この人は感じがいい人」や「話が合うな」、「気が合うな」
と、感じる人はいますよね。

その人達の対応には知ってか知らずか、ちゃんと心理学が潜んでいるのです。

「会話術」と「単純接触効果」

人付き合いが上手であったり、周りにいつも人が集まっている人は、この2つを上手に使えている人なのです。
この2つはシンプルでありながらコミュニケーションの技術として非常に重要なものとなっています。

スポンサーリンク

単純接触効果

こちらはその名の通り、「人は出会う回数が多い人の事を自然と好きになる」ものです。

いつもよく行く、家の最寄りのコンビニの店員さん。
決まった時間にいつもいる店員さんがある日を境に居なくなってしまった時、
「あの人、辞めたのかな?」なんて気にしたことは無いですか?
実はこれも「単純接触効果」なんです。
これは、親近感が湧いている証拠。つまりは、その人の事が好きになっているということなのです。

ですが、会社や学校で毎日顔を合わせているのに好きになれない人っていますよね?
この単純接触効果にはもう一つ、効果を高めるために重要なものがあるのです。それは、

「雑談」

つまりは他愛無い会話、もっと言えばどうでもいい会話の時間です。
あの人は私に対して冷たいのでは?と思う人がいたら、最初は気まずいと思います。
けれども、その人とどうでもいい会話をしてみてください。
少しづつでいいので続けていくことで相手も話かけやすくなり自然と距離が近くなってきます。

上手な会話術

雑談をするにしても。「何を話そう?」と考えてしまうかもしれません。
もちろん会話にも、上手い下手があります。
それは、多くの人と話していればその人が話し上手かどうか自然と分かると思います。
ですが、実際にどうやっているから上手いのか?何故、話が下手なのか理解できていますか?
そして、自分の話し方はどうなのか、わかっていますか?
会話が上手な人は

フォローアップクエスチョン

と呼ばれるものを上手に使えているのです。

フォローアップクエスチョンは、相手が話したことを繰り返しつつ掘り下げていく質問をすることなのです。
僕と部下の会話を例にすると、

ワ「昨日はボルダリング行ってきたよ」
部「ボルダリング行ってきたんですか?何かあったんですか?」
ワ「友人に連絡したら誘われてね」
部「お友達とですか。どうでしたか?」
ワ「初めてやったけど、楽しかったよ。」
部「初めてでも楽しかったんですね。どこでやってきたんですか?」

と、部下は常に復唱と質問だけですよね。ですが、これが大事!
この後も会話は続きますが、聞かれたら「興味あるんだ」と思ってドンドン話したくなりますよね。
そうすると親近感をもつので、これからも話しをしたくなります。

フォローアップクエスチョンは難しい技術ではありません。
相手が話した内容に対して

「いつ?誰が?何処で?何を?どうして?どれくらい?」

の質問をしていくのです。
最初はぎこちないかも知れませんが、相手に「興味を示してくれている」と感じさせるには十分すぎるほどなのです。

まとめ

最初に書きましたが、僕は人が大好きです。
だからこそ、人を妄信してしまう癖もありますが…

それは他人に「好き」という気持ちを押し付けているだけでした。
押し付けられても人は敬遠してしまう生き物。
それでは到底、好かれることはありません。

せっかく、会社で毎日顔を合わせて、自然と「単純接触効果」が生まれているのにもったいないです。
なので、人に話をするときに質問をすることをわすれないで下さい。これは、LINEやチャットでも同じです。
そうやって徐々に心をほぐしていきましょう。
人に好かれる人は自分から距離を近づけるのではなく、相手に近づいてもらえるようにしているのです。

ちなみに、僕は直接の会話ではまだまだ上手ではありません。

なので、LINEでは頑張ってやっていますww
(o'3')b シ――――!!

最後に…

話上手は質問上手

こんな格言があるくらいに質問は重要なのです。
質問上手で人に好かれるようになりましょう!!