EQ心の知能指数を高める
スポンサーリンク
スポンサーリンク

EQ 復習

前回の記事がこちら

今回はEQを高めるための方法を自分なりに解釈したものを書いていきます。

その前にEQが豊かな人って普段はどんな感じで生活していると思いますか?
個人差はありますが、
基本、明るくコミュニケーション上手。
なので、自然と周りに人が集まっている事が多いです。

IQ(知能指数)は勉強したり、脳トレが高めるのには効果的になると思いますが、当然EQはまた別になります。
諸説、数々の方法がありますが、自分で感じた物を抜粋していきます。

スポンサーリンク

体験談

情けない話になりますが僕の身の回りで、今年に入ってからバタバタが沢山あり過ぎて心が落ち着かなかったんですよ。
家庭でも一人になりたくなったり、友達とも遊びにいけない、仕事も手につかないと苦しさに負けていました。
当然ネガティブな思考だけが頭をグルグルと駆け回り自分らしさを見失っていました。 心療内科にもお世話になりましたが、根底からの回復は望めませんでした。
それでも、あることをしたら、少しだけ、本当に少しだけですが心が軽くなってものが実感出来たんです。
それは、

昼間に散歩をする事。

そして、

イラつく原因を紙に書き出す。

この2つについての見解が心理学にしっかりとあったので効果をご説明します。

スポンサーリンク

心理学見解

まず、昼間に散歩する事。

人間の体内には数々のホルモンがありますが、その中に「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンがあります。
EQが高い人は総じてこのセロトニンは大量に持っているとされています。
このセロトニンは、
日光を浴びる事、
散歩など自律神経を整える事
この二点で分泌されます。逆に不規則な生活を送ると現象してしまいます。
そして、セロトニンが多い人は幸せを感じやすく、他人とのコミュニケーションが豊かになるとされています。

次に、イラつく原因を紙に書き出す事。

ストレスを抱えての生活は非常に苦しいものですよね。しかも口にして、吐き出すのは簡単ですが周囲との心の距離感はとても離れてしまうのも明白です。
紙に書き出してしまう行為も口にするのと同じく体外へのストレスへの放出となります。そして捨ててしまえば他人は知るよしもありません。
書き出す事で自分がイラついている原因が視覚化されるのです。そこに、「理由」も書き出す事で、解決方法がみえてくる事もあります。また、現状の自分を見つめ直すチャンスでもあります。
見つめ直すとは、つまり自己認識力の向上なのです。

まとめ

この2つを偶然にやって自分の変化が感じられたので、しばらく続けていました。
そうすると、人とコミュニケーションを取ることに恐怖はありませんでした。
また、以前のように少しずつ他人の事を考える余裕も出来てきました。

この時はまだ心理学見解とかは、ほとんど無知でしたので、偶然に救われました。
最近になって心理を調べていたら自分でも驚きましたので、
「今、苦しい」
「誰にも言えない悩みがある」
そんな風に感じている人は一度試してみては如何でしょうか?
立ち止まっていては何も変化しません。
行動し、自分を変えなければいけません。
他人は変わってなくて、自分が変わってしまったと気付かないといつまでも苦しいままだと思います。

とても難しい問題ですが、僕は今日も頑張ります!