衝撃の事実?健康医学の新発見!溜息すると幸せが逃げるは嘘?
スポンサーリンク

どもども!
ワタボだよ( ´∀`)

疲れた時や落ち込んだ時って
ついつい溜息が自然と出ちゃいますよね?

自分じゃなくても、
周りの人がついた溜息も気になるし
「イヤだな~」とか「空気悪っ」って
感覚になってしまいますよね?

ですが、最近の研究で
「健康」と「溜息」について
新しい発見があったそうです。

スポンサーリンク

溜息のメリット

溜息が出るときってどんな時でしょうか?

疲れた時、落ち込んだ時、悩んでいる時…

基本「マイナスな時に出すもの」、
というイメージですが、
体の不調をなおす為の需要な
「体からの救援信号」なのです。

そこには驚きのメリットが!

自律神経の調整効果

血行促進効果

溜息が出るときは、
胸やおなかの筋肉が硬直し、
呼吸が浅くなっています。

すると体内の酸素が減り、
それを補うために血圧があがる。

血圧や心拍数を整えて体を
活性化させるのが交感神経なのです。

溜息=呼吸を整える行為

なので溜息をすることで
酸素を体内に多く取り込み、
血行と交換神経を健康に
維持できるのです。

血行が正常ではない。
つまり、自律神経がおかしい状態、
この時、呼吸も乱れ、内臓にまで
異常をきたしていては、
健康的なせいかつを送ることは
到底出来ません。

一回、おかしくなった自律神経は
2時間は戻りません。

溜息はおかしくなる前に
体の異常を教え、整えてくれる
大事な体のサインなのです。

そういった意味でも
溜息は必要な行動なのです。

スポンサーリンク

溜息のデメリット

さてさて、いい所はバッチリ!
ですが、もちろんいいとこだけな
行為ではないですよ!

最大のデメリット、それは

「雰囲気をぶっ壊す」

ことです。

当たり前ですが、
他人の溜息なんて見ても、
いい気分なんてなりませんよね?

ここから実体験です。

僕は、今年の頭から悩み苦しみ、
溜息を毎日毎日繰り返していました。

家族にも話せない。
会社でも話せない。

常に溜息まみれ・・・
会社の人たちにも大変な迷惑を
かけてたと思います。

実際に経験させた身として
言わせて頂きます。

溜息は必要です。
ですが!
人前では「深呼吸」にしましょう!
深呼吸でも十分に健康効果はあります。

溜息で周りの雰囲気を壊して、
それを気にして、さらに悩む。
そんな悪循環に陥って体調を崩す。

そうならない為に、
「人前溜息」
は止めましょう。

そして、溜息が出るときは、
ストレスの原因を自分で発見できる
行動をとることで心身の健康が
早期に得られます。

結論として、
ストレスを感じた時は
「溜息ではなく深呼吸。」
を大事にしましょう。

溜息が悪いわけではありません。
悪いのは、
「する場所」と「する原因」
なのです。

本当に悪い原因を探し出し、
幸せな生活と健康を手に入れましょう。