スポンサーリンク

どもども!

 

ワタボです!!

 

(●´艸`)

 

 

SixTONESは2015年に結成された6人組のジャニーズのアイドルグループです。
デビュー以前から爆発的な人気を持っていましたが、2020年1月22日にファン待望のCDデビューをしました。

 

 

私も大好きなアイドルグループで、
個性的なメンバーと完成されたパフォーマンスが最高です。
その魅力は語りつくせません。

 

 

今日は笑顔がかわいいと人気を集める京本大我くんの紹介をしたいと思います。

 

 

京本大我くんはSixTONESのメンバーの中でもイチオシのメンバーです!
かわいくて、かっこよくて、歌も上手い。

 

 

この記事を読めば京本大我くんのことが好きになること間違いなしです!

 

 

 

スポンサーリンク

京本大我くんのプロフィール!

京本大我の笑顔がかわいいと高評価!魅力溢れるエピソードまとめ

(出典元:https://j-island.net/artist/person/id/2)

まずは京本大我くんのプロフィールから紹介していきます。

1994年12月3日生まれ25歳
東京都出身 B型
身長174センチ
メンバーカラー ピンク

 

 

俳優である京本政樹さんの息子であり、テレビではよく京本正樹さんの息子として紹介されています。

 

 

美形と美声の持ち主で音楽番組に出演していても
あの金髪の子はだれ!と話題になっていることが多いですね。

 

 

高身長の金髪イケメンで目を引きます。

 

 

 

スポンサーリンク

京本大我くんの性格と魅力あふれるエピソード

京本大我の笑顔がかわいいと高評価!魅力溢れるエピソードまとめ1

(出典元:https://twitter.com/KARAAGeKUN0618/status/1262311830220726278)

京本大我くんの性格はまさに 「天然お坊ちゃま」
口数は多くはないですが、たまにしゃべると独特の発言がみられます。

 

 

その独特の発言はメンバーやファンから「京本ワールド」と形容されています。
そんな天然の京本大我くんのかわいいエピソードを紹介します。

 

 

・錠剤の薬が飲めない!

 

錠剤が飲めなくて普段は粉薬を飲んでいる。
錠剤を飲むゼリーで薬を飲んでみようとしたら、ゼリーだけ飲んでしまった。

 

 

・カップラーメンがつくれない

 

ジャニーズに入るまでカップラーメンを食べたことがなくてカップラーメンの作り方がわからない。
いつもメンバーに作ってもらっている。

 

 

お坊ちゃまの京本大我くんらしいかわいいエピソードですね。

 

 

SixTONESはジャニーズjr時代にYoutubeのジャニーズjrチャンネルで動画を投稿していました。
その動画で素の京本大我くんの様子が見られます。

 

 

特に京本大我くんのかわいい姿がみられる、私のおすすめ動画を紹介します。

 

 

 

SixTONESが低カロリーのおでんを選んで食べ、1000kcal超えたらドボンという動画ですが、
京本大我くんが美味しそうにおでんを食べている様子がとってもかわいいです!

 

 

他のメンバーにもツッコまれたりして京本大我くんのキャラがよく分かる動画です。

 

 

 

スポンサーリンク

京本大我くんのギャップ!高い評価を集める歌声の持ち主

京本大我の笑顔がかわいいと高評価!魅力溢れるエピソードまとめ2

(出典元:https://8520sam.work/archives/8518)

そんなかわいい京本大我くんですが、
実はジャニーズの中でもトップクラスの歌唱力を持ち、
ミュージカルにも出演している実力の持ち主です。

 

 

歌っているときやライブでは普段の様子とは違い、かっこいい姿を見ることができます。
普段とのギャップにやられること間違いなしです。

 

 

SixTONESのファーストデビューシングル「Imitation Rain」
X-JAPANのYOSHIKIさんが作詞作曲を手がけたこの楽曲ですが、
京本大我くんの美声が際立っていて、高い評価を受けています。

 

 

まずはこの曲から聴いてみてください。

 

 

 

 

京本大我の笑顔がかわいいと高評価!魅力溢れるエピソードまとめ

 

今日はジャニーズのアイドルSixTONESの京本大我くんの魅力について語っていきました。
京本大我くんのことを知れば知るほど好きになると思いますよ。

 

 

最近はテレビで見かけることも多いのでぜひチェックしてみてください!

 

 

今回はこれにてまとめを終わります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。