スポンサーリンク

どもども!

 

ワタボです!!

 

(●´艸`)

 

 

入学式時期には必ず耳にする「さくら」などの名曲を唄う
シンガーソングライターの森山直太朗さんについて話したいと思います。

 

 

森山直太朗さんは
同じく歌手の森山良子を母に持ち
その母親譲りの歌声が魅力的ですね。

 

 

特にビブラートを効かせて唄う部分は、母親とよく似ていますね。

 

 

フォーク歌手であった森山良子さんも、
笑顔が素敵で、包み込むような優しい雰囲気で、その人柄が歌声にも表れています。

 

今回はそんな森山直太朗さんについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

森山直太朗さんの音楽を始めるまでは?森山直太朗の名言まとめ!友達との交友関係が現れた名曲とは!1

森山直太朗さんは大学生の時に音楽活動を始めたとのこと。
音楽一家にしては遅めの活動だと思います。

 

 

にもかかわらず、その才能を発揮しヒット作を生み出しています。

 

 

大学で音楽活動を始める前はサッカー選手を目指したほどサッカー一筋のようです。

 

 

有名人の母を持ち小学校から大学まで
成城学園をエスカレーターで卒業した
いわゆるお坊っちゃまですよね。

 

 

しかし、両親が離婚されたりと完全な温室ではなく
色々彼にも葛藤があったように思います。

 

 

しかし、プロ選手を目指すほどのスポーツマンであるところが、
人間的にバランスが取れていると思います。

 

 

一見、恵まれた環境で音楽も当たり前のように触れていたでしょう。

 

 

あえてかどうか分かりませんが、
音楽とは関係のないスポーツに励み、
多感な時期を過ごしています。

 

 

偉大なアーティストを母に持ち、
子供の頃は人前で唄うことをしなかったそうです。

 

 

しかし大学で音楽を始め、
どこか爆発したように才能を発揮して、
実力で音楽の道で成功しています。

 

 

そこに、DNAというものの凄さを感じますね。

 

 

森山直太朗さんはトークも面白く、
義理兄におぎやはぎの小木博明さんを持つのがなんとなく納得です。

 

 

彼らの掛け合いも面白いです。
才能溢れるのに、飄々として自然体で、身近に感じさえします。

 

 

戯けたトークが面白くて、そのお笑いのセンスもあるのがわかります。

 

 

それなのに、一歩、マイクを持ちうたえば、
その心の奥底に響く歌声と歌詞と曲に引き込まれて、
何度聞いても自然と涙が出るほど聴かせてくれます。

 

 

 

スポンサーリンク

森山直太朗さんの名言森山直太朗の名言まとめ2!友達との交友関係が現れた名曲とは!

「神秘的な事は馴染み深い場所で起こると思っている。何も、世界の裏側まで行く必要はないんだ。」

 

 

これは、彼のTwitterで呟いている言葉。

 

 

なんとなくふと出てきた言葉だと思えますが、
とても普通の日常の何気ない出来事を神秘的にとらえれる感性が素晴らしいですね。

 

 

「自分でイイなんて思っているものなんてたかが知れていますよね。
自分の見てきた物知っている物の範囲を超えていない」

 

 

いい曲を作るために、良い曲と言われたいと狙って作ったことはなく、
好奇心や興味夢中になれるものに出会った瞬間に即興で作った方が、名曲ができるそうです。

 

 

「これいいな」と思った感性を大事にしているのでしょうね。

 

 

 

スポンサーリンク

森山直太朗さんが友達をテーマにした曲の紹介森山直太朗の名言まとめ!友達との交友関係が現れた名曲とは!3

森山直太朗の歌には、友達をテーマにした曲がいくつかあります。
「さくら」は、森山直太朗さんの友達の結婚がきっかけで作った歌のようです。

 

 

と同時に、毎日通る道のさくらを見て思いついたそうです。

 

 

森山直太朗さんの数ある名曲は、
ご自分で作詞作曲したもの、共同制作のものとあります。

 

 

その作詞の中に御徒町凧(かいと)さんという人物が書いているものも多いです。

 

 

その御徒町凧さんは、作詞家で、実は森山直太朗さんの学生の時の友達です。

 

 

サッカー部も一緒で、苦楽をともにしてきた親友のようです。
「さくら」や「生きてることが辛いなら」などのヒット作は、彼との共同作となっています。

 

 

プライベートの友達が仕事のパートナーでもあるってなかなか成り立たないことですよね。

 

 

本当に相手を家族のように信頼して本音でぶつからない限りはできないことだと思います。

 

 

とはいえ、その関係性も、2019年に終えたコンサートツアーで、解消されたようです。

 

 

というのも、二人の距離が近く過ぎてお互いを主張できてしまうが故に
意見がぶつかり空中分解したようです。

 

 

仕事のパートナーとしては解消となります。
が、長い付き合いの友達であることは変わらず
今まで通り付き合いはあるようです。

 

 

なんとなく羨ましくもあり、森山直太朗さんの自然体さがわかりますね。

 

 

 

【森山直太朗の名言まとめ!友達との交友関係が現れた名曲とは!】まとめ

 

以上、森山直太朗さんについて調べてきました。

 

 

母親譲りの音楽の才能を発揮し、
実力で成功しているにも関わらず、
偉ぶらず、謙虚で自然体です。

 

 

家族や友達を大切に、でもどこか寂しがりやの一面を感じます。

 

 

僕はそういった森山直太朗さんの繊細な部分が
名曲を生み出しているのかなと思っています。

 

 

これからも、ずっと変わらず活躍していってほしいアーティストの一人ですよね。

 

 

今回はこれにてまとめを終わります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。