スポンサーリンク

どもども!

 

ワタボです!!

 

(●´艸`)

 

 

10代と20代からの絶大な支持を得る
スリーピースロックバンドMy Hair is Bad(マイヘア)

 

 

私もそのファンのひとりで、何度もライブに参戦しています。

 

 

特に武道館でのライブが最高で、
帰り道に一緒に行った友達と興奮しながら
マイヘアの良さについて語ったことを覚えています。

 

 

スリーピースのロックバンドはほかにもたくさんいますが、
マイヘアには不思議と引き付けられる魅力があります。

 

 

今日はそのバンドMy Hair is Badの魅力について語りたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

My Hair is Badの紹介とその魅力について語ります!

【My Hair is Bad】のバンド名の由来は?メンバーの呼び方や魅力も1

「新潟県上越市から来ました、My Hair is Badです!」
マイヘアのライブはいつもこのセリフからはじまります。

 

 

新潟県の上越市で結成され、地元のライブハウスで経験を重ねて
今では全国でツアーを開催する人気ロックバンドに成長しました。

 

 

マイヘアの魅力はなんといっても青春を感じるような青臭い楽曲たちです。
作詞作曲はボーカルの椎木知仁さんが行っており
男性目線のまっすぐで素直な気持ちを表した恋愛の曲が多いです。

 

 

・別れた女を引きずる男
・彼女の家に住むヒモ男
・元カノへのメッセージソング

 

 

などの女々しい男の心情を歌っているものが多く
いわゆる一般的な恋愛ソングとは一味違うところが面白いです。

 

 

切ない恋愛の曲が多いですが、バンドサウンドは力強くて疾走感があり
邦楽ロック好きの男性にも人気があります。

 

 

歌詞は韻を踏んでいるものが多く、
ノリがよくつい覚えて口ずさみたくなります。。

 

 

私がマイヘアを好きになったきっかけの曲は
「卒業」という曲です。

 

 

この曲は別れたけれどお互いのことが
忘れられない男女がふたりの関係から"卒業"するという歌詞です。

 

 

沁みる歌詞とラップ風の語り口調が心地よくて何度聴いても良い曲です。
YouTubeにMVがあるので見てみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

My Hair is Badのバンド名の由来と意味

【My Hair is Bad】のバンド名の由来は?メンバーの呼び方や魅力も2

My Hair is Bad とはちょっと変わったバンド名ですよね。
直訳すると「私の髪は悪い」という意味です。意味不明です。

 

 

そのバンドの由来ですが、メンバーがインタビューに答えています。

 

 

メンバーのインタビューによると、当時ベースの山本さんが
範間刃牙(格闘マンガ"グラップラー刃牙"の主人公)っぽい髪型で

 

"My Hair is Bad"

 

と言っていたことから"My"って付いてたら洋楽のバンドっぽいしそれで良くない?
という感じで特にこだわりもなく決まったそうです。

 

 

今となっては後悔しているそうですよ笑

 

 

 

スポンサーリンク

My Hair is Badのメンバーと呼び方を教えます!

【My Hair is Bad】のバンド名の由来は?メンバーの呼び方や魅力も3

My Hair is Bad は椎木知仁さんが高校のクラスメイトだった山田淳さんと
先輩からの紹介である山本大樹さんを誘ってできたバンドです。
なのでメンバー全員の出身地は新潟県上越市です。

 

 

ボーカル・ギター 椎木 知仁(しいきともみ) 1992年3月19日生まれ
ニックネーム しいきともみ
ファンの間ではだいたい"椎木"と呼び捨てにされています。

 

 

ベース・コーラス 山本大樹(やまもとひろき) 1991年8月20日生まれ
ニックネーム バヤリース
ファンからはバヤさんと呼ばれています。もはや原形がないですね。

 

 

ドラム 山田 淳(やまだじゅん) 1991年12月18日年生まれ
ニックネーム やまじゅん
ファンからもやまじゅんと呼ばれています。

 

『【My Hair is Bad】のバンド名の由来は?メンバーの呼び方や魅力も』まとめ

 

My Hair is Badの魅力とバンドの由来、メンバーの呼び方について紹介しました。

 

 

マイヘアの曲を聴いたらすぐ虜になること間違いなしです。

 

 

今ではライブのチケットもほとんどとれないバンドですが、
フェスにも多数出演してるのでぜひライブにも参戦してみてくださいね!

 

 

今回はこれにてまとめを終わります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。