スポンサーリンク

どもども!

 

ワタボです!!

 

(●´艸`)

 

 

現在、日本のアイドル界の先頭を走る乃木坂46
結成当初から今に至るまで、1期生の高山一実さんの活躍が目立っています!

 

 

高山一実さんは、1期生として乃木坂46に加入!
ニックネームは「かずみん」

 

 

加入当初から、中心メンバーとして活躍!
現在リリースされている25曲のシングル全てで選抜入りしています!

 

 

明るい性格とユーモアで、
番組ではバラエティー力を発揮する傍ら、
作家としても活躍!

 

 

2018年に初の小説「トラペジウム」を発売しています!
これは乃木坂46メンバーとしては初の小説の販売になりました!

 

 

そんな高山一実さんですが、ネットでは色々なエピソードや憶測が挙がっています!

 

 

 

スポンサーリンク

高山一実さんの家族構成は?

高山一実の家族構成!両親とのエピソードや設楽を兄弟と慕う理由も

(出典元:https://geinou-media.com/takayama-kazumi-school/)

高山一実さんは千葉県南房総市出身!
父親、母親、そして弟の4人家族でした。

 

 

しかし、高山一実さんが
乃木坂46に加入する前に亡くなってしまったとのこと。

 

 

また、弟の誕生日が2月22日、
乃木坂46のデビュー日も2月22日
であることをブログでも明らかにしています。

 

 

 

スポンサーリンク

高山一実さんと両親とのエピソード!

高山一実の家族構成!両親とのエピソードや設楽を兄弟と慕う理由も1

(出典元:https://mantan-web.jp/article/20190228dog00m200090000c.html)

高山一実さんは家族とのエピソード持っているようです!

 

 

冠番組「乃木坂工事中」で高山一実さんの地元をPRするという回で、
メンバー数人で南房総市を訪れた際、
高山一実さんの父親もサプライズゲストとして登場しています!

 

 

幼少期から一度決めたことは絶対曲げない頑固な性格だったことを明かし、
かなり友達思いだったとのこと!

 

 

南房総市にある冨浦美容室には家族ぐるみの付き合いで、
初めてサインを書いた場所なんだそう!

 

 

高山一実さんが中学生で反抗期真っただ中の頃、
母親と喧嘩をしていたそうです!
その際、怒って家の壁を蹴って大きな穴を空けてしまったそうです!

 

 

そのことは父親は全く知らず、
この企画内で高山一実さん本人から言われ初めて知ったのだとか!

 

 

 

スポンサーリンク

高山一美さんがバナナマン設楽を兄弟と慕う理由は?

高山一実の家族構成!両親とのエピソードや設楽を兄弟と慕う理由も2

(出典元:https://twitter.com/jobtune_TBS/status/1060811792601964544)

ネット上では、

 

高山一実さんとバナナマン設楽統さんは兄弟ではないか?

 

という噂が流れています。

 

 

高山一実さんは1994年生まれ
設楽統さんは1973年生まれ
21歳の差があります。

 

 

そもそも苗字が違うことから、この噂はデマでしょう!

 

 

しかし、バナナマンの2人は乃木坂46の公式お兄ちゃんとして認められており、
特に高山一実さんは本当に兄のように2人を慕っています!

 

 

では、何故設楽さんだけなのかというと
高山一実さんはHK3(日村が嫌いな3人)の1人だからではないでしょうか?

 

 

もちろん公に言えるくらいなので、
日村さんのことも慕っているでしょう!

 

 

 

【高山一実さんの家族構成!両親とのエピソードや設楽を兄弟と慕う理由も】まとめ

高山一実の家族構成!両親とのエピソードや設楽を兄弟と慕う理由も3

(出典元:http://www.nogizaka46.com/member/detail/takayamakazumi.php)

高山一実さんは4人家族でしたが、弟が他界。
その寂しさを埋めてくれたのがメンバー達だと言います。
高山さんにとってはメンバーも家族のような存在なのかもしれませんね!

 

 

母親との喧嘩、さらにはその際出来た穴も
父親は知らなかったという両親とのおもしろエピソードもあります!

 

 

バナナマン設楽さんとは兄弟ではないものの、
お互いが信頼している本当の兄弟のような関係であることは間違いないですね!

 

 

アイドルだけでなく、多才な一面を見せている高山一実さん!
今後の活躍にも期待ですね!

 

 

今回はこれにてまとめを終わります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。