スポンサーリンク

どもども!

 

ワタボです!!

 

(●´艸`)

 

 

今回は安定した人気を持つ4人組バンド
never young beachについて紹介します。

 

 

never young beachは
2015年春にファーストアルバム
「YASHINOKI HOUSE」をリリースしデビュー。

 

 

その後さまざまなフェスやライブでじわじわと人気に火がつき、
今では多数のファンを獲得しているバンドです。

 

 

歌謡曲のような懐かしさと心地良さがありながら、
古さを感じさせずおしゃれなサウンドが人気です。

 

 

女優の小松奈菜さんが出演している
「お別れの歌」のMVは現在590万回再生を突破しています。

 

 

明るい曲調で切ない別れの歌詞を歌っており、
ライブでも人気の曲です。

 

 

まるで小松奈菜さんとデートしているかのようなMVだとSNSで話題になりました。

 

 

 

スポンサーリンク

never young beachのボーカル阿部勇磨は高橋一生の弟?

ネバーヤングビーチのメンバー!ボーカル安部勇磨は高橋一生の弟?

(出典元:https://lyricstranslate.com/en/never-young-beach-lyrics.html)

never young beachのボーカルである阿部勇磨さんが
人気俳優高橋一生さんの弟ではないかという情報があります。

 

 

高橋一生さんは1990年の映画「ほしをつぐもの」で子役として映画初出演。

 

 

その後も2015年のテレビドラマ「民王」や2017年のテレビドラマ「カルテット」、
NHKの大河ドラマなどにも出演しており幅広い世代に人気の俳優です。

 

 

1995年公開のジブリ映画「耳をすませば」では
主人公の恋の相手である天沢誠司の声優を演じていたことも話題になりました。

 

 

阿部勇磨さんがそんな人気俳優の高橋一生さんの弟というのは本当でしょうか?

 

 

この真相について2017年1月20日に高橋一生さんが
出演したトーク番組「A-studio」で本人の口から語られています。

 

 

高橋一生さんは長男であり、
阿部勇磨さんを含めて4人の異父兄弟がいるそうです。

 

 

阿部勇磨さんは3男であり、
高橋一生さんの弟というのは本当のようです。

 

 

弟にしては顔が似てないと思ったのですが、
異父兄弟だったからのようで納得しました。

 

 

兄弟そろって芸能と音楽の違うジャンルで活躍していて才能のある兄弟ですね!

 

 

 

スポンサーリンク

never young beachのメンバー紹介!高橋一生の弟は?

ネバーヤングビーチのメンバー!ボーカル安部勇磨は高橋一生の弟?1

(出典元:https://natalie.mu/music/pp/neveryoungbeach)

never young beachのメンバーについて紹介します。

 

 

never young beachは2014年にボーカル・ギターである阿部勇磨さんと
元メンバーでギターの松島皓さんのふたりで結成され宅録ユニットでした。

 

 

自宅で録音などをして音楽を作っていたようで
相当音楽が好きなメンバーが集まったと思われます。

 

 

ボーカル・ギターの阿部勇磨さんは東京都世田谷区生まれ、
先ほどご紹介したように高橋一生さんの弟です。

 

 

ギターの阿南智史さんは
never young beachのほかにも
PAELLASというバンドにも参加しています。

 

 

イギリスのガレージロックをイメージしたかっこいいサウンドが特徴のようです。
宅録ユニットからバンド編成に移行するときに参加しました。

 

 

ベースの巽啓伍さんとドラムの鈴木健人さんも
バンド編成に移行するときに参加した仲間です。

 

 

宅録ユニットからのオリジナルメンバーであった
ギターの松島皓さんは2018年に脱退。
現在は4人組で活動しています。

 

 

スポンサーリンク

【ネバーヤングビーチのメンバー!ボーカル安部勇磨は高橋一生の弟?】まとめ

ネバーヤングビーチのメンバー!ボーカル安部勇磨は高橋一生の弟?2

(出典元:https://meetia.net/music/neveryoungbeach/)

never young beachは夏フェスなどにもひっぱりだこで人気のバンドです。

 

 

阿部勇磨さんが高橋一生さんの弟ということで
気になった方も多いのではないでしょうか。

 

 

今後の活躍にも期待できそうです。

 

 

今回はこれにてまとめを終わります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。