スポンサーリンク

どもども!

 

ワタボです!!

 

(●´艸`)

 

 

今回は、

 

「米津玄師さんの才能」

米津玄師の才能がありすぎる件について考察!生い立ちや幼少期が関係?

(出典元:http://kenshi-yonezu.com/)

について調べてみました。

 

 

今や知らない人はいないのではないか
というほどの唯一無二の個性と才能を持つ
アーティスト、米津玄師さん。

 

 

昨年2018年には、
紅白歌合戦へ衝撃の初出場!

 

 

テレビで初めて歌声を披露したことで
世間の注目を集めましたね。

 

 

また、名前も珍しい!
ということでも話題になりました。
「げんし」ではなく、

 

 

「けんし」

 

 

なので知らなかった方は、
この機会に覚えてください(笑)

 

 

個人的には、仙人みたいな名前だなとww
でも、すごくかっこいいですよね!
今回は、、

 

米津さんの驚きの才能

 

知られざる生い立ち、幼少期について

 

について考察して、
まとめてみました!

 

スポンサーリンク

米津玄師さんのプロフィール

米津玄師の才能がありすぎる件について考察!生い立ちや幼少期が関係?1

(出典元:https://www.youtube.com/watch?v=gJX2iy6nhHc)

名前:米津玄師(よねづ けんし)
生年月日:1991年3月10日
出身地:徳島県徳島市
身長:188cm

米津さんといえば、

 

作詞、作曲、プログラミング、
CDのジャケットデザイン、ダンス

 

なんかもできちゃう
超!!多才な人です。

 

 

この時点で、

 

 

才能ありすぎか?

 

 

とツッコみたくなる状況ですw

 

 

まだ28歳とお若いのですが、
その注目度は年代問わず高く、
もはや国民的アーティストと言ってもいいかもしれません。

 

 

今回は曲の歌詞に注目することで、
米津さんのありすぎる才能について
考察していきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

米津さんの書く歌詞の特徴は?

 

ここからは、米津さんの歌詞の中でも
特に印象的な曲をご紹介します!

 

アイネクライネ

米津玄師の才能がありすぎる件について考察!生い立ちや幼少期が関係?2

(出典元:https://www.youtube.com/watch?v=-EKxzId_Sj4)

消えない悲しみも綻びもあなたといれば
それでよかったねと
笑えるのがどんなに嬉しいか
目の前の全てがぼやけては溶けていくような
奇跡であふれて足りないや
あたしの名前を呼んでくれたアイネクライネ/米津玄師

この曲は2014年に発表されたものですが、
今やカラオケの定番曲になっていますね。

 

 

この曲を歌える男子は
ハッキリ言って、
モテます(笑)

 

 

男女のカップルを思わせる恋愛の曲ですが、
主語が「あたし」になっているのが
とても印象的ですね!

 

 

米津さんは女性目線の曲もよく書いてます。
ここで、歌詞の意味を考察すると、

 

 

ある女性が何か大きな悲しみを抱えていて、
その悲しみを溶かしてくれる
あなたという存在に会えた、

 

 

という意味ではないでしょうか?!

目の前がぼやける=涙が出る
溶けていく=悲しみが消えていく

 

 

というように、
隠喩のような表現がされていると
思いました!

 

 

合っているかはわかりませんが(笑)
人によっていろんな解釈ができそうですね!

 

メトロノーム

米津玄師の才能がありすぎる件について考察!生い立ちや幼少期が関係?3

(出典元:https://www.youtube.com/watch?v=Qa9PkDZkyHg)

他にも
メトロノームという曲の中に
こんな歌詞があります。

きっと僕らはふたつ並んだ
メトロノームみたいに
刻んでいた互いのテンポは同じでいたのに
いつしか少しずつズレ始めていた
時間が経つほど離れていくのを
止められなくてメトロノーム/米津玄師

 

最初に出会った頃はすごく仲が良かったのに、
少しずつお互いの気持ちがすれ違っていく様を
メトロノームに例えた米津さん。

 

 

発想がもう天才ですね。。
そしてなんかおしゃれ!!
さすが、目の付け所が違います(笑)

 

Lozer

米津玄師の才能がありすぎる件について考察!生い立ちや幼少期が関係?4

(出典元:https://www.youtube.com/watch?v=Dx_fKPBPYUI)

恋愛ソングだけでなく、
生き方について
考えさせられる歌詞もあります。

 

アイムアルーザー
どうせだったら遠吠えだっていいだろう
もう一回もう一回行こうぜ 僕らの声アイムアルーザー
ずっと前から聞こえてた
いつかポケットに隠した声が 

LOSER/米津玄師

 

自分は敗者、つまり負け犬だと
堂々と言っていますねw
(米津さんは恐らく勝ち組ですが)

 

 

この歌詞は一見、
ネガティブそう〜に聞こえるのですが!

 

 

米津さんはノリノリで歌っていて、
なおかつアップテンポな曲調でず。

 

 

この曲がかかると、
かなりハイテンションになれます(笑)

 

負け犬バンザイ!

 

という感じでしょうかww
負けても「もう一回!」と言う、

 

 

もう一人の自分の声に背中を押されて
一からやり直そう!という
決意と未来への希望が感じられますね。

 

 

そして「アイムアルーザー」って
堂々と歌詞にしてしまうあたり、
非凡な才能が窺えます。。

 

スポンサーリンク

米津さんの謎に包まれた生い立ちは?幼少期のエピソードも!

 

米津さんは幼少期、
「高機能自閉症」
という病気を患います。

 

 

引きこもりのような症状があり、
自分の世界に閉じ籠ってしまいがちだったそうです。

 

 

人と関わらず絵を描いたりしていた
とのことですから、
米津さんの絵が並外れて上手いのも納得できますね。

 

 

家族構成は
お父さん、お母さん、お姉さん、米津さんの
4人家族なんだそうです。

 

 

お母さんやお姉さんとは普通に仲が良く
話していたようなのですが、

 

 

お父さんとは家に一緒にいても、
なぜかほとんど話すことはなかったといいます。

 

 

また、お父さんから
話しかけられることもなかったそうです。

 

 

高機能自閉症という病気だった米津さんと、
何を話して、どう接していいのか、
お父さんもわからなかったのでしょう。。

 

 

お母さんとお姉さんとは
仲がよかった米津さんですが、

 

 

お母さんとお姉さんは喧嘩が多く、
次第に距離を置くようになったといいます。

 

 

たしかに、
その2人に板挟みにされる
米津さんは少ししんどいかもしれません。。

 

 

今はどうかわかりませんが、
家族関係が改善しているといいですね。

 

 

米津さんは、家族内だけでなく、
学校でも友達との
コミュニケーションの取り方に迷うことが多かったそう。

 

 

そんな米津さんですが、
小学校高学年頃からパソコンを使用するようになり、
少しずつ世界が広がっていったようです。

 

 

ニコニコ動画では、ボカロPとして
『マトリョシカ』という曲を作り、
これが大ヒット!

米津玄師の才能がありすぎる件について考察!生い立ちや幼少期が関係?5

(出典元:https://www.youtube.com/watch?v=HOz-9FzIDf0)

その後もヒット作が続き、
ボカロ界隈で一躍有名になりました。

 

 

自分だけの世界がしっかりあるからこそ、
他の誰にも作れないような、
素晴らしい曲を作れるようになったのかもしれませんね!

米津玄師の才能がありすぎる件について考察!生い立ちや幼少期が関係?まとめ

米津玄師の才能がありすぎる件について考察!生い立ちや幼少期が関係?6

(出典元:https://www.hanpen-blog.com/entry/2017/02/22/183236)

米津さんの才能がありすぎる件や、
幼少期についてまとめてみましたが
いかがでしたでしょうか。

 

 

米津さんの才能は歌詞にも現れていて
昔からミステリアスな少年だったことも
わかりましたね。

 

 

高機能自閉症という
病気だったことは驚きでした。

 

 

が、この病気も今の米津さんの個性
となっているのだと考えられます。

 

 

周りからの評価を気にして
生きてしまいがちな人が多い時代だからこそ、

 

 

米津さんの繊細な感性が、
多くの人の心に刺さり共感を呼んでいるのでしょう!

 

 

そんな、私たちに寄り添う曲を作ってくれる米津さんを、
今後とも応援していきたいですね!

 

今回はこれにてまとめを終わります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。