スポンサーリンク

どもども!

 

ワタボです!!

 

(●´艸`)

 

 

今回は、

 

「嵐」

嵐のコンサートグッズの人気ランキング(2019)!調査の結果まとめ!

(出典元:https://www.johnnys-net.jp/page?artist=10&id=artistTop)

について調べてみました。

 

 

嵐といえば今、一番人気の
ジャニーズグループ5人組ですよね。

 

 

「嵐」は
大野智、櫻井翔、二宮和也、相葉雅紀、松本潤の5人で構成される、
スーパーアイドルにまで成長しました。

 

 

ドラマ、バラエティーなど様々な事、
番組でテレビに出ており、嵐を見ない日はないです。

 

 

そこで今回は、

 

嵐のコンサートグッズの人気ランキング
についてまとめてみました!

 

 

スポンサーリンク

嵐のコンサートの凄さ

 

ファンクラブ会員数はなんと300万人近くおり、
会員数1位のファンクラブとなっています。

 

 

現在は会員さえもコンサートチケットの抽選が
当たりづらくなっており、

 

「何年も抽選に当たってない人がいる」

という現実もあるようです。

 

 

このような現実があるという事と
2020年で活動休止する事が決まったことで、
サービスとしてある決定をしています。

 

 

それは、2019年のコンサートチケットは
なるべく全員コンサートに行けるようにしたいという事です。

 

 

2019年は1年を通してコンサートをすると嵐が言っていました。
こういったサービス力も嵐の魅力ですよね!

 

スポンサーリンク

嵐のコンサートグッズについて

 

次に嵐のコンサートグッズについて調べてみました。

 

コンサートグッズはチケットが当たらなくても
会場に行けば誰でも買えます!

 

 

ですがグッズの並んでる列は
いつも何時間待ちで並んでしまいます。

 

 

購入するのもコンサート当日ではなく
前日などにプレ販売があれば前日に買いに行くか、
コンサートの最中に買いに行くと空いてると思います。

 

 

会場限定品や人気のあるグッズは
売り切れてしまう事も結構あります。

 

 

個人的にですが、
コンサートでは特に大野智さんのダンスと歌唱力は
すごく上手なので毎回、魅了される人が続出です!!

 

嵐のコンサートグッズのランキング!

 

次は嵐のコンサートグッズ(2019)の
人気ランキング1位から5位を調べてみました。
まずはザックリいきましょう!!

 

 

1位 ARASHIかるた
2位 チャーム(会場限定)
3位 ショピングバッグ
4位 マルチブランケット
5位 Tシャツ(ホワイト、グレー)
でした。

 

 

私的な1位から5位の感想ですが、

 

かるた

読み札は嵐の楽曲のワンフレーズなど
すべて「嵐選出」で取り札は過去写真、撮り下ろし写真などの
デザインなのでファンにとってはうれしいグッズです。

 

 

チャーム

会場での限定品。
なので公演日と会場が刻印されているので
記念品にはバッチリだと思います。

 

 

ショピングバッグ

肩掛け、ななめ掛けの2wayが出来るものです。
中は仕切りや内ポケットがあるので便利で使いやすそう。
ちょっと使ってみたい気持ちが・・・ww

 

 

マルチブランケット

円形で周囲にフリンジが付いていて
アンバーゴールド地とリッチ感も。
中央にはツアーロゴがあり可愛いと思います。

 

 

Tシャツ

ちょっとだけ大きめのサイズなので
着やすい大きさになっています
デザインの可愛さもGOODです!

 

 

ちなみに・・・
ポーチはペットボトルが1本入る大きさで
化粧品入れなどちょっとした小物入れに良いと思います。

 

 

パンフレットは写真のシチュエーションが
増えて感謝の気持ちが詰め込まれたパンフレットで
表紙のデザインもシンプルで格好いいと思います。

 

 

ポーチやパンフレットも人気が高いグッズのようです。
やはり会場限定やグッズとしては珍しい物などは人気が高いですね。
会場や日によってランキングは変わると思います。

 

 

スポンサーリンク

嵐のコンサートグッズの人気ランキング(2019)!調査の結果まとめ!

 

いかがでしたか?
2020年で活動休止する嵐です。

 

 

しかし人気のある、スーパーアイドルグループなので
また早く活動再開してもらいたいですね。

 

 

活動再開をファンは待ち望んでいると思います。
それまでは個人での活動で頑張って欲しいですし、
テレビで活躍を観て応援したいですね。

 

 

今回はこれにてまとめを終わります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。